女子バスケ監督に萩原美樹子が就任だって

大事なことを見落としていました。
バスケットボール女子日本代表の次期監督に、1996年アトランタ五輪のエースで、米女子プロリーグWNBAでもプレーした萩原美樹子氏(34)の就任が7日、固まった。
 日本代表監督を女性が務めるのは初めてで、異例の若手指導者の抜てきとなる。11日の日本バスケットボール協会理事会で正式に決まる。
 複数の関係者によると、日本協会はアテネ五輪まで監督を務めたWリーグ、JOMO監督の内海知秀氏(46)ら複数の候補から人選。その中で専任で務められ、アテネ五輪で代表コーチを経験、指導者として将来性が高く評価されている萩原氏に絞られたという。萩原氏は既に就任要請に合意した。   共同通信
11日に日本バスケットボール協会理事会が行われる模様です。理事会での萩原さんの監督は問題ないと思いますがやはり気になるのは
プロ化実行検討委員会の回答です。
回答は3月末までに出すそうです。先走ってしまいました。

ようやく日本協会側のスタンスが明らかになるのでバスケ界にとっては重要なひと月になるに違いありません。

人気blogランキングへ
[PR]
by youngmayor | 2005-03-09 14:06