<   2006年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

開幕が楽しみFC東京

 いよいよ来週土曜日に2006サッカーJリーグが開幕します。
私の応援するFC東京は6日の日曜日にホームゲームで開幕します。FC東京はJリーグに昇格してから開幕戦7年連続勝利という記録を持っています。今年ももちろんその記録を伸ばしてくれるでしょう。

 2004年にFC東京の試合を初めて見てから『一目惚れ』してしまい、憧れになり、今は自分のバスケのチームの目標とするチーム、クラブです。しかし、そう簡単にFC東京のようなクラブを作れるわけはありません。また、今のFC東京も設立してから10年も経っておらず、完成されたクラブでもなく、FC東京もまた年々変化していくことでしょう。

 FC東京の試合を見に行くということは私にとって「応援しにいく」という純粋な気持ちと「勉強、研究しにいく」という冷静な頭を持ち合わせていくこと。つまり、趣味と実益を兼ねた休日の過ごし方なのです。

FC東京ファンの方はここをクリック
[PR]
by youngmayor | 2006-02-26 22:38 | FC東京

鹿児島へ向けて~鹿児島県の挑戦~

今日は久しぶりのバスケットの練習

 やはりジムのランニングマシーンと実際にコートを往復するのでは疲れ方が全く違いますね。
普通の実業団はまだオフシーズンなのですが我がチームは3月に鹿児島から大会に招待されており、その大会のために早めの始動となりました。

 鹿児島県にはまだプロスポーツチームがありません。そこで鹿児島県はバスケのプロチームを発足させるようで、そのPRも兼ねて大々的に大会をするそうです。大会には鹿児島とマイチームとタイのナショナルチームともう一つ海外のチームのリーグ戦が参加予定。最終日は鹿児島県でテレビ中継されるそうです。結構力を入れているみたいです。
 Bjリーグの発足を原因に確実に日本のバスケ界が変わろうとしていることを実感してきています。あと残っている問題は日本協会とBjリーグが仲直りすること。しかし、それが一番難しい問題です。
 私の考えは両方のいい部分をミックスして団結すれば簡単なことだと。
・Bjの地域への密着性、貢献度
・Bjのパフォーマンス、エンターテイメント
・Bjの額は小さくとも多業種からのスポンサー
・JBLの個々の選手の技術、能力
・JBLのチームの母体の大企業のスポンサー

これから同窓会があるというのにバスケのことが頭から離れない。職業病でしょうか?
そうだとしても治す気は全くありませんが。

花粉症に悩まされる方はここをクリック
[PR]
by youngmayor | 2006-02-25 17:48 | バスケット

特別講師「WJBL荏原ヴィッキーズ」先生

今日は大田区スポーツセンターへWJBLの試合を見学しに行きました。W1リーグ(実質2部)ですが荏原ヴィッキーズが地域に貢献しているとの話を耳にして、期待して行きました。

場所は京急線「平和島」駅徒歩5分にある『大森スポーツセンター』
c0043720_2165277.jpg



アポなし、コネなしだったので入場料1000円を高いなと思いながらも払い、体育館に入ると想像していなかった光景でした。
c0043720_20525814.jpg
アリーナ席はミニバスケットの子ども達がチアスティックと応援ボードを持って集中して必死に応援していました。(手前側はビジターのチーム応援席)

c0043720_2050258.jpg
二階席は9割ほど埋まり、ホームゲームの雰囲気が一層高まる。

女子の2部リーグなのにこの人気はなぜなのか?
どうやってこんなに人を集めたのか?
ヒントはNPO法人ピボットフットの運営と大田区の協力です。
1000円は全く高くなかったです。答えは自分達のチームで表現したいと思っています。
今日の試合を見てかなり勉強になりました。

ご参考までに荏原女子バスケットボール部


休む暇もない方はここをクリック
[PR]
by youngmayor | 2006-02-19 21:22 | バスケット改革案

一緒にやりましょう

三寒四温な今日この頃。体調管理には気をつけましょう。

バスケットのJBLやbjリーグは終盤に差し掛かっていますが私のチームは今はオフシーズン。と、言ってもわずか3週間のオフ。会社の仕事は通常通りあるので実質休めるのは先週と今週の土日だけです。

今日は選手としての活動以外の部分を紹介したいと思います。
活動を簡単に言うと「応援グッズ」と「コミュニティアフェア」と「企画」です。

『応援グッズ』は今のところチアースティック(バレーボールで観客が手にしていたもの)とタオルマフラーのデザインを製作会社に依頼して詰めの段階にきています。

『コミュニティアフェア』は区役所や地域の振興財団、バスケット協会、体育協会の方達に自分のチームのPRをして協力してもらおうという営業活動です。専ら今はメールや電話でのやりとりだけですが、東京のS区とM区はチームの活動に非常に協力的で区の広報紙に大会情報を載せていただけるまでになりました。あとはO区のバスケット協会、NPO法人とタイアップして大会を企画中です。
 この活動を通して感じたことは「東京の地域は今、スポーツ振興に非常に関心がある」ということです。

『企画』は新しい大会を考えるだけでなく、実現させる方向で活動中です。対戦相手として今まででは考えられないチームとの交渉を進めています。その大会を地域のスポーツ振興と絡めて大きな「スポーツフェスタ」にしようという考えです。


このような活動を大学の時から考えていましたが、実際に関わることが出来て今は非常に充実しています。

あ、こっちの活動ばかりしていると日本リーグのベンチ入りが出来なくなってしまう!!
自主練習してこよう。では。
[PR]
by youngmayor | 2006-02-18 09:32 | バスケット改革案

「ファミタク」から考えたこと

昨日は神保町で「ファミタク」を堪能してきました。
「ファミタク」とは「ファミリーマートで卓球」のことです。はじめは何のことだか信用していませんでしたが、入り口は普通のコンビニで奥にいくと本当に卓球スペースが5台分もあるのです。
卓球で汗をかいて、お腹が空いたらコンビニですぐ買える。店員はお客が卓球を始めたら不通の仕事に戻れて効率もいいです。
卓球の普及に「愛ちゃん効果」だけでなく地道に活動をしているJTTAに感心しました。

バスケも郊外から地方のコンビニの大きな駐車場に焦点を当てて「コンビニバスケ」なる活動を提案しようかなと考えてました。

ちなみに卓球はド下手でした。まだバスケの方が向いているな。

「ファミタク」は聞いたことがあるが行ったことがない方はここをクリック
[PR]
by youngmayor | 2006-02-13 23:50 | バスケット改革案

大会企画中

北海道から帰ってきて溜まった仕事もようやく一段落へ。
明日を乗り切れば久しぶりのオフの連休。

「ようやく休める」と言いたいところですが自分はあまり試合に出ていない(涙)のでジムに行き鈍った体を鍛え、試合を予定している体育館の下見にでも行こうと思っています。

企画中の大会というのはまだ私の頭の中だけなので大したことありませんがきっと面白いことになると思います。乞うご期待。
[PR]
by youngmayor | 2006-02-09 23:12 | バスケット改革案

大会番外編 北海道三昧

北海道に試合だけしに行ったのではもったいないので空き時間は北海道を満喫してきました。
c0043720_2351996.jpg
北海道庁舎の通称「赤レンガ」
c0043720_2363994.jpg
氷のアンコールワット。「雪祭り」というより「氷祭り」でした。
c0043720_2383343.jpg
すみれにて大盛を完食してお約束の「感謝!」

お土産は定番の「白い恋人」「じゃがポックル」「バターサンド」「生チョコ」「六花亭」「ハスカップ」をたんまり買って帰りました。 
[PR]
by youngmayor | 2006-02-06 23:16 | その他

大会三日目

更新が遅くなりましたが昨日の試合は負けてしまいました。事実上の決勝戦と言われていましたが完敗でした。優勝できず、申し訳ないです。北海道を観光する気にもなれず、大会を見ています。北海道は今日も雪。無事に帰れるか不安です。
[PR]
by youngmayor | 2006-02-05 12:26

大会二日目

今日も二勝して予選リーグは三戦三勝で通過しました。明日は優勝候補との対決。天王山だと思ってしっかり頑張ります。
[PR]
by youngmayor | 2006-02-03 17:18

大会初日

北海道は想定外の寒さです。
今日の試合は無事勝ちました。明日は二試合あるので総力戦になるでしょう。明日は頑張ります!
[PR]
by youngmayor | 2006-02-02 21:30