<   2006年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

祝 誕生1週年 ~2年目はバスケ~

ふと振り返ると去年の今日、このブログを立ち上げました。

あっという間の一年間だった気がします。

最初の記事を書いたときのキモチと今のキモチは相変わらずです。

けれども今年はバスケの企画、運営一本に照準を絞ろうと思っています。

今はまだ言えませんが結構イイ企画考えています。

こういう企画を考えて実行に移す経験は初めてなのでわからないことだらけですが、自分の可能性を試すチャンスですから必死にやりたいと思います。

しかし、いろんな人に助けてもらわないと成功させることはできません。
関係者の皆さん。宜しくお願いいたします。

<2年目も応援してくれる方はA HREF="http://blog.with2.net/link.php/50472">ここをクリック
[PR]
by youngmayor | 2006-01-27 22:38 | お知らせ

全国大会への総仕上げ

今日の体育館は埃がかぶっているのかものすごく滑ったので練習前に新人を中心に「ぞうきんがけ」をしました。久しぶりのぞうきんがけに最初は余裕をかましていましたが、コートを3往復もすると大腿四頭筋がパンパンに。

練習が始まるとそんなことは言ってられません。今日の練習で後悔していることは積極性がなかったこと。3対2の練習で自分がノーマークなのにパスを考えてしまっていることでシュートセレクションを誤ってしまいました。

このところ自分のプレースタイルはやはりポイントガードよりもシューティングガードの方が向いているのかなと思っています。
[PR]
by youngmayor | 2006-01-27 00:00 | バスケット

市長からのラブコール

朝起きると真っ白な外の景色。寒い一日になるでしょうが、センター試験を受ける受験生には頑張って欲しいです。

さて、今回はうれしいことがありました。調布市市長、長友貴樹殿から「あなたのアドバイスが欲しい」という内容の手紙とアンケートが送られてきました。

ついに調布市、市長に公式に意見を言える時が来ました。
アンケートの内容は
「あなたは市内の公共交通機関は利用しやすいと思いますか」
「あなたは市内の道路が安全であると思いますか」
「あなたは日頃からどのような防犯対策をしていますか」
「あなたは市民の意見が市政に反映されていると思いますか」
などと4択で答え、最後に自由記述欄があるというものでした。

きちんと真面目に答えて最後の自由記述欄にもびっしり書きました。
このアンケートが意味あるものになるように調布市、市長には頑張ってもらいたいです。

アンケートを見返してわかったことはアンケートは作為的に選ばれたのではなく、市内在住の成人の中から無作為に選ばれたということでした。

あなたの清き一票が私の支えここをクリック
[PR]
by youngmayor | 2006-01-21 08:20 | 調布市のこと

つくばユナイデット本格始動

Excite エキサイト : スポーツニュース
バレーボール男子で筑波大の現役選手や元日本代表の増村雅尚らOBで構成するつくばユナイテッド(U)は19日、日本最高のVリーグ参入を目標として、21日に始まる下部の地域リーグに挑む、と発表した。バレー界で学生と社会人の混成チームがトップリーグを目指すのは珍しい。
 日本はVリーグを頂点にV1リーグ、東部と西部の地域リーグで構成される。筑波大男子監督を務める都沢凡夫総代表によると、2007-08年シーズンのVリーグでのプレーを狙う。V1リーグは8チームから来季10チームに増やす方針。つくばUは6チームが参加する東部地域リーグで2位以内に入り、西部地域リーグとのプレーオフで2位以内になればV1リーグへの昇格が有望になる。
 つくばUは3年前に設立され、世界に通用する選手の育成や地域密着のチーム運営を目指す。


 いまいち活動内容がわかりづらかったつくばユナイデットが本格的に動き出しました。筑波大学の現役選手が関わるチームならばV1リーグにはいけるでしょう。立地的にも「つくばエクスプレス」という移動手段、「つくばカピオ」という施設、場所、スポーツのあらゆる発展、普及のための研究が進んでいる「筑波大学」があり、一致団結すれば唯一無二のスポーツ文化、体系を作れるのではないでしょうか。
 このつくばユナイデットの試みを注目していきたいと思います。一つ残念なのはこの「つくばユナイデット」のようなスポーツ団体は上記のような恵まれた条件が揃わないと成立しなく、他の地域には真似したくても真似できないということです。

いいところはどんどん盗ませてもらいます。まずは1月29日に下見を計画しています。

あなたの清き一票が私の支えここをクリック
[PR]
by youngmayor | 2006-01-20 00:56 | スポーツ

ポイントゲッターの略名は?

最近、スポーツネタばかりで恐縮です。

今日もバスケット関係の投稿です。

あ、その前に、今日の試合は2戦2勝。個人的には2分出場2アシストのみ。シュートに行く機会はなかったので、しょうがなかったと思います。北海道の大会でも出場した時にはご報告します。

本題に戻りまして、ポイントゲッターという名作バッシュがあります。この生地にはカンガルー皮を使っていて定価が28500円。中学時代は憧れのバッシュでした。このバッシュ、ポイントゲッターとフルネームで呼ぶには長いので私達の地元では「ゲッター」と呼んでいました。

その話を今日、同期にすると、「ポイントゲッターを略したらポイゲでしょ。」「いや、俺はポインゲだった。」と下らないけど、熱い議論になりました。

今となっては懐かしい名作「ポイントゲッター(現在も生産中)」。いったい、ポイントゲッターの最も普及している略名は何なのか、下らないけどこれってトリビアになりませんか?

ポイントゲッターに憧れた経験がある方はここをクリック
[PR]
by youngmayor | 2006-01-15 21:39 | バスケット

DVD「ankle breakers」いいです

ankle breakers(アンクルブレーカーズ)

意味がわかるでしょうか?

ヒントはバスケットボールの用語です。

今日は渋谷で「ankle breakers2」というDVDを衝動買いしてしまいました。
NBA(アメリカのプロバスケットボールリーグのこと)の有名選手のスーパープレーを集めたDVDです。値段も2100円(税込)だったのですんなり手が出せました。

「アンクルブレーカー」とはフェイントやスピードに自信があり、相手のディフェンスを翻弄したり、置き去りにしたり、足をもつれさせてしまう有能なプレーヤーの総称です。
アレン・アイバーソンやレブロン・ジェームス、ポール・ピアース、カーメロ・アンソニー等々のテクニックの前にディフェンスが足首を捻挫したり、もつれてすっ転んだり、爽快な映像が満点でした。

見た後は明日の試合へのモチベーションが一気に高まりました。
ただし、張り切りすぎて出来もしないプレーをすると自分がアンクルブレーク(捻挫)しそうなんでほどほどにしておこう。

普通に歩いていていきなり捻挫したことがある方はここをクリック
[PR]
by youngmayor | 2006-01-15 01:05 | スポーツ

鹿児島実業と自分を重ねて

 学生スポーツもプロの試合に負けず劣らずイイ。昨日の高校サッカーに限らず、箱根の大学駅伝、高校ラグビー等々、いろいろな学生スポーツを見てきました。ヨーロッパのサッカーやアメリカのNBA,MLBのような超一流のプレーにため息と驚きを求めるのもいいですが、学生スポーツの汗と涙もいいですよね。

 知らない人の汗と涙がそんなにいいのか?見ている人にとって悔し涙を流している選手、それは「敗者の姿と自分の姿を重ね合わせた自分自身」なのでは無いでしょうか。頂点に立てるのはどの種目でも1チーム。あとはどのチーム、選手も負けを経験します。誰だって(私だって)勝つために朝練習して、昼練習して、夜走って一生懸命にうまくなろうとします。それでもいつか負ける・・・。自分に勝った相手もいつか負ける・・・。その相手でさえ負ける・・・。

 学生時代は部活ひとすじ、放課後の部活のために学校に通っていたという人もいたでしょう。
今がその人もいるでしょう。「にんげんって本当に悔しい時には涙が出る」ということをどこかで聞いたことがあります。私も中学、高校、大学と引退する時は泣きました。

 結局、テレビに映る、映らないは関係なく、誰もが同じ経験をしている。その姿を自分と重ね合わせて感慨にふけったり、青春を思い出したいから見てしまうのではないでしょうか。

ちなみに私の青春は今また爆発しそうです。

自分の青春を思い出してくれた方はここをクリック
[PR]
by youngmayor | 2006-01-10 23:17 | スポーツ

高校サッカーに飲み込まれたバスケ

今年も大接戦の高校サッカー選手権大会決勝戦の裏番組でバスケットボールの天皇杯決勝戦をやっていました。

せっかく年に一度のバスケの試合が全国放送される日だというのに時間帯が悪すぎます。
高校サッカーは「負けたチームの涙」に惹きつけられている気がします。その「涙」にスポットを上手く当て、ドラマチックに仕上げているサッカー協会、日本テレビの「魅せる」技術には感心します。

逆にバスケットは全く手を加えず、淡々と試合の映像と解説を放送していました。スポーツ中継としては純粋な形でいいのですが、やはり物足りなさを感じてしまいました。結局点差も開いてしまい、チャンネルは高校サッカーに釘付け。おかげで延長後半の野洲高校の芸術的な展開からゴールを見ることができました。

バスケットの試合開始が一時間ずれていればテレビで見られたのに・・・。

バスケ界のバカッ!と言いたいところだが、コートの周りの広告看板にバスケ界とは無縁だったvodafoneの看板があったので帳消しにします。

営業していたのですね。

バスケットはどこが優勝したか知らない方はここをクリック
[PR]
by youngmayor | 2006-01-09 23:02 | バスケット改革案

半日でラーメン三食

7日(昨日)は今年最初のバスケットの練習でした。

起床時間は普段より遅い6時45分。体育館に9時集合のため家を七時半に家を出ました。東京は今期最も冷え込んだ朝で耳の感覚がなくなるような寒さの中、体育館へと向かいました。

体育館はまだ誰も来ておらず、朝日が差し込む静まり返ったフロアを見て身震いがしました。

新年一回目の練習のために走り込みやウエイトトレーニングをして準備していたため体のキレは申し分なかったが、ボールが手につかず、キャッチミスやドリブルミスを連発してしまい、悲惨な練習初日となってしまいました。

練習終了後は新人の同期と1時半くらいに

品川の「無尽蔵」
というラーメン屋で味噌野菜ラーメン(太麺)を食べました。

その後、母校(高校)の都大会を応援しに久しぶりに母校へと向かいました。
久しぶりに入った母校は銅像が少し溶けたかな?と思ったくらいで伝統のある正門、校舎、体育館などはそのままでした。後輩の試合は前半の得点力不足が影響し、後半の追い上げむなしくベスト32止まりでした。

応援の後は一緒に応援した先輩と6時くらいに

赤坂の「じゃんがららあめん」

というラーメン屋でこぼんしゃん明太らあめん(バリ堅)を食べました。

ラーメンを2食食べたので軽く歩こうと思い、表参道から渋谷まで歩くことに。すると今日は代々木体育館で天皇杯をしていることを思い出し、体育館へ。試合は最終試合の前半が終わったタイミングで、3000円の入場料を取られるところでしたがタダで入れてくれました。日本協会の受付のおじさんに感謝です。
東芝対トヨタ自動車の準決勝は大接戦で残り1,7秒で逆転をした東芝が勝利しました。
いつも書いていますがこの興奮を文字では説明できないのが残念です。

さて、試合終了後は会社のコーチや監督と偶然遭遇し、飲み屋に連れて行ってくれることに。
行き付けの飲み屋ということで付いていくと入った店は

渋谷の「大島ラーメン」

でした。こんな日もあるのかと覚悟を決め、餃子、ラーメン、ビールを掻っ攫いました。

店を出たのは11時。お腹は破裂しそう。半日でラーメン三食を食べたのは人生初でした。

今日一番おいしかったのは・・・タダで見れたバスケの試合です。
[PR]
by youngmayor | 2006-01-08 16:34 | スポーツ

福田健二

あの記事をよんで、涙した者の一人としてほっておけなくて・・。

http://magazine.yahoo.co.jp/taisyou/interview/index.html

福田健二という選手に関するnumberに掲載された記事がzassi.net記事大賞にノミネートされています。

離婚して母子家庭で育った小学生。母親がガソリンをかぶり、火をつけて飛び降り自殺をしてしまい、母親からの遺言が

「好きなサッカーで
世界に胸を張れる
選手になってください。」

たった三行だったという。

とにかく今の自分とはかけ離れた人生を歩んだ日本人がいるということを知り、心を揺さぶられました。

http://magazine.yahoo.co.jp/taisyou/interview/index.html ←ここで記事の前文を読めます。

これから記事を読もうと思ってくれた方はここをクリック
[PR]
by youngmayor | 2006-01-08 01:43 | 世の中に言いたいこと