バスケ協会評議委員を80人に

今日はこのことを書かなければなりませんね。
快晴の朝なのに憂鬱な気分にさせてしまい申し訳ない。

『バスケ協会:評議委員を80人に増やす方針決める』

さて、どうしたものでしょう。板倉さんも怒ってます。

文部科学省からもバスケ界の混乱を統一するように注意を受けており、何も変わらないようだと文部科学省→日本オリンピック協会から注意、もしくは除名などになり、国際試合が出来なくなるかもしれません。

私はちょっと別の解決案を。
要は13億円の赤字補填と役員に対する不満が解消されればいいわけです。
13億円ってそんなに簡単なものではありません。数字にすると
1,300,000,000円(汗)

そこで考えてみたのは「メッセージTシャツ」

メッセージは協会を批判するもの、これからの協会を応援するもの、役員の入れ替えを推すもの・・・など自分の思い、着たいものを決め、その収益を日本協会に寄付する。
自分の思いを表現でき、かつ協会の赤字も減らせる一石二鳥。
ブラックユーモアもたっぷりな感じですね・・・。

こんな状態でファンは試合を見に来てくれるのでしょうか?それが心配で心配で・・・

【関連記事】
怒りの板倉令奈
デイリーの記事
毎日新聞の記事
[PR]
by youngmayor | 2007-04-14 08:14 | バスケット改革案